安全性を重視!建物診断の居抜き物件の選定は基本設備の点検が必須

男性と女性

基本設備の確認

店舗

設備や什器がそのままの状態で使用できるのは、居抜き物件。大阪では飲食店や物販店をはじめ、多くの業界で人気があります。ただ、新規オープンのために大阪で物件を選定するなら、一からお店づくりができるスケルトン物件の方がいいと思われるでしょう。改装するならスケルトンの方が自由自在に施工しやすいですし、コンセプトを元に構築できます。ただ、現実的に考えた時、一から店舗づくりをすると、莫大な施工費用がかかりますしそれ以外の開店費用も必要です。そう考えると、使えるものはそのまま使える居抜き物件の方がお得になり、イニシャルコストを大幅に削減でいる手立てとなるのです。

大阪でもたくさん売買の取り扱いがある居抜き物件は、どんな設備が残っているかを確認するよりも基本設備がどこにあるかを確認することが大切です。特に電気配線や水回り、空調などは業種を問わずに必要となる設備であり、この設備状況が動線に直結することもあります。店の構造上、煩雑になっている場合は設備がいくら充実していても使いづらい物件になるので、注意が必要です。このあたりは、実際に大阪の居抜き物件を見学した上で、新しく店舗を開店するときのシミュレーションをしておくと安心でしょう。また、使えるものは使ってリニューアルの施工をする場合は、物件選定と同時に施工の見積もりをしておくこともポイント。中には大阪の不動産会社でもリニューアルの施工もトータルで対応してくれるところがあるので、ワンストップで依頼するのが便利で安心です。